地方での働き方

都心にキャリアアップを目指し去って行った看護師たちが多いため、地方の看護師の求人そのものが少なくなっている状態だといいます。その為、治療を必要とする在宅患者などが増えている一方で、その供給は一向に高くなる傾向が見えていないのだといいます。最近では都心で働いた後出身地とは違う地方で働く「Iターン」、出身地に戻って働く「Uターン」といった制度で看護師が地方に勤務してくれる環境は整いつつあるようですが、それを使ってまで地方で働きたいと思う人が少ない為だといえるでしょう。

そこで、最近の医療現場が始めている雇用の仕方が、“応援看護師”といった働き方。
この働き方は、常時その病院に勤める事を勧めるのではなく、病院側が必要とした時のみその募集をかけた病院で働く事。いわば“派遣”や“短期契約”といった雇用制度となっています。病院や専門の紹介所によっては、雇用の時点で看護師の技術を確認。そのスキルに応じた応援制度を持ち合わせている事が多くあり、病院の規定に沿った給料と応援手当の支給が約束されている事も多くあります。また、契約終了時には奨励金が贈呈される事もあるので、次の職場が決定するまでの足がかりになるといえるでしょう。
この“応援看護師”という形が注目を浴びているのには、短期間で高給料。正看護師であれば月給約30万円以上が保障されている事や、短期間から長期間まで自分のペースに合わせた働き方が出来るという事が大きいようです。また、基本的には約3年以上の経験がある事が必要ですが、自身の経験に合った病院に就職する事でスキルアップを図る事も出来るというのも、大きなポイントであるといえるでしょう。もちろん、今勤めている総合病院などから直接小さい病院に派遣するといった制度をもつ職場もあるようです。

また、地方の看護師としての働き方として有力なのが、病院という大きな施設よりも、訪問看護師や介護施設という医療福祉サービスの現場です。現在、日本はいわずと知れた少子高齢化社会です。そこで、看護師が必要とされるのが高齢者を相手にした仕事の方がニーズが高まっているのであるといえるでしょう。

看護師の短期契約・派遣などについてはこちら(http://xn--u9jxfme4a2983c7hle90azqbf08f.com/)を参考にさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です